いつものSEXにプラスオン!バイブを使うとSEXが楽しく燃える。おもちゃの上手な使い方と女性に人気のバイブ3選、教えます!

こんにちは。魔女っ子マコです。

先日、「おもちゃは男のお守り」だと言う人に出会いました。私は内心、「おもちゃは、じつは女の子のお守りでもあるよん」なんて思いながら話を聞いていました。

男性にとっては、毎度セックスをリードしたり腰を振ったりするのは、ときに疲れる行為でもあるでしょう。そんな時におもちゃさえあれば、少しは休憩できますし、マンネリ気味のカップルには、バイブなどの刺激が興奮材料になるのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのバイブ・ローター、おもちゃの使い方などについて解説してまいります。

女性に聞いた!SEXにおもちゃは必要なのか?

男性であればセックス中にバイブを使用して「女性にもっと刺激を与えたい」、「気持ちよさそうに喘ぐ姿を見てみたい」なんて考える人は多いでしょう。

一方で、そんな願望はあっても大好きな女性であるほど、おもちゃを使うことに抵抗がある人も一定数いるようです。

おもちゃを使うことで

 

「彼女に変態だと思われないか?」

「性癖のせいで嫌われないか」

 

なんて心配があるのでしょう。

しかし、実際は男性が心配するほど、女性はさほどおもちゃに抵抗がないのが現状のよう。私の周りの女性の中には、オナニーをするために毎度、おもちゃを愛用している人もいて、そういう女性はむしろセックス中も「おもちゃを使いたい」なんて思っているようです。

 

つまりは…おもちゃ好きな女性にとっても、「おもちゃはお守り」のようですね。

また、普段はおもちゃを使わない女性でも、セックスがマンネリ化することで「新しい刺激を味わってみたい!」という欲望にかられるのかもしれません。なぜなら女性は、大好きな男性にこれまで以上の刺激を与えられたり、イカされて体を開発されることで、どんどんエッチに対して強欲になるからです。

おもちゃを使いたいと女の子に伝えるときのタイミング

じつは、おもちゃを使用することよりも、おもちゃを使うときのタイミングや、おもちゃを使いたいと女の子に伝えるときの言い方が大事なような気がします。

 

女性の中には普段からおもちゃを使い慣れていて、オナニーはもちろん、セックス中におもちゃを使うことが好きな人も一定数います。しかし、まだまだおもちゃに対して抵抗がある女性もそれなりにいるでしょう。

では、おもちゃ初心者の女性やおもちゃを使うことに抵抗感のある女性に対しては、どんな風に話を切り出せばよいのか…。

ポイントは、いちばん最初のセックスではなく、何度かセックスをした後に言うことです。

さすがに最初からおもちゃを使いたがる男性に対して女性は、「遊び人なのかな?」「自分は体目当てかも…」なんて思ってしまう人も少なくないでしょう。なので、最初の数回は自分の手や舌、ペニスなどで女性を満足させる必要があります。

 

女性があなたとのセックスに慣れてきたとき、または二人の関係がマンネリ化してきたときに「おもちゃを使いたい」と女性に切り出すとよいでしょう。

 

ちなみに、女性に内緒でおもちゃを隠し持って使ったり、当日、電マやローターのあるホテルに連れ出そうとする男性もそれなりにいるようですが、女性の性格によっては、急にそういったサプライズをするよりも、事前に伝えておいた方がよいケースもあります。

 

仮に彼女がかなり真面目な性格だったり、慎重すぎる気質だったりする場合は、「次回会うときは、おもちゃを使ってみない?」「どんなおもちゃなら平気かな?」なんて事前に話を切り出す方が親切ですよね。

 

そこで彼女が恥ずかしがる様子を見せたら、いきなり電マではなく、小さなローターをすすめてみてはいかがでしょう。もしも頑なに拒否された場合は、無理強いするのではなく、そのうち彼女の気が向くのを待つようにしましょう。

SEX中のおもちゃの使い方

セックス中のおもちゃの使い方は2パターンです。一つは、経験が少ない、または初心者の彼女におすすめのやり方。もう一つは、より強い刺激を求める彼女におすすめのやり方です。早速、それぞれの愛撫法をステップ式にてご紹介してまいりましょう。

経験が少ない・初心者の彼女におすすめの方法

経験が少ない彼女には、電マのように強いバイブよりも小さめのローターがおすすめ。ローターでクリトリスを愛撫する前に、唾液やローションをたっぷり付けて、指や舌先で愛撫しておきましょう。

一度イカせておくと、おもちゃを使用した時の反応はさらによくなります。

STEP.1
彼女を仰向けの状態にして、足を大きく開かせます。
STEP.2
ローターをクリトリスの先端や側面、下側などさまざまな場所に当てます。
STEP.3
彼女の一番反応の良かった場所にローターを当てましょう。
STEP.4
彼女に反応に応じて、ローターの強弱を強くしていきます。

※最初は小さな刺激から始めて徐々に振動を強めた方が、女性はバイブの変化を感じ取りやすく、興奮させることができます。

より強い刺激を求める彼女におすすめの方法

おもちゃの使用経験があったり、セックスでより強い刺激を求める女性には、挿入タイプのバイブがおすすめ。この愛撫をする前に、バイブをクリトリスのいちばん敏感な場所に当てて、クリイキさせておきましょう。それにより体が敏感になって膣イキしやすくなります。

STEP.1
彼女を仰向けの状態にして、足を大きく開かせます。
STEP.2
指にローションをたっぷりと付けて、膣口や膣の中(Gスポットエリア)をたっぷりと濡らしておきます。
STEP.3
挿入型のスティックバイブを膣口に当てがい、ゆっくりと挿入していきます。

※Gスポットは、中指を3~4センチほど挿入した膣上壁に位置します。

STEP.4
彼女の反応を見ながらバイブの角度を変えたり、強さを調整したりします。膣イキするまで刺激を与えましょう。

※焦らし愛撫が好きな女性には、最初は小さな振動でじわじわ攻めていくとよいでしょう。

女性に人気の3つのバイブ

前述の通り、バイブの使い方・愛撫法についてはご理解いただけたと思います。最後に、魔女っ子マコおすすめのバイブを3つほどご紹介しましょう。これらのバイブをタイプ別に使い分けることで、いつも以上に女性を興奮させられたり、セックスを楽しむことができるでしょう。

おすすめ①コンパクトで見た目もかわいい!iroha stick イロハ スティック

こちらの商品の魅力は何といっても見た目の可愛さ、そして持ち運びが便利なコンパクトサイズであること。一見、大人のおもちゃというイメージがしないので、女性のおもちゃへの抵抗感も低減されるかもしれません。

それに、コンパクトな見た目からは想像できないほどの優れた機能性で、肌に当たる素材部分は柔らかなシリコンで作られていて、敏感な性感帯を刺激するのにも最適です。

 

スティック部分の割れた場所をクリトリスにやさしく押し当てると、気持ちよすぎてすぐにイってしまう女性も多いほど。底部のスイッチを矢印方向へ回すと、バイブの強弱を調整できます。さらに防水タイプのため、使用後に簡単に水洗いができるのもうれしいポイントでしょう。

iroha stickを試してみる

おすすめ②奥までたっぷり刺激できる!スティック形状型のiroha RIN

こちらの商品は、過去シリーズに比べて約12mm長くなり、Gスポット・ポルチオなどの奥の性感帯を刺激しやすくなりました。スイッチ一つで電源のオン・オフが可能で、4段階の振動強弱と2種類の振動パターンを楽しむことができます。

 

デザインについては、和の感じが商品の美しさを引き出していて、大人のおもちゃというよりも、お洒落アイテムとして楽しむことができるでしょう。

スティック先端はやわらかく、他の部分は適度に硬いため、挿入後に女性の気持ちいい部分を探したり、子宮付近をピンポイントで刺激することが可能です。このお洒落なおもちゃで、中イキの快感を堪能させてあげましょう。

iroha RINを試してみる

おすすめ③遠隔(リモート)セックスにおすすめ!シンクロとさくらの恋猫

シンクロ

シンクロを試してみる

 

さくらの恋猫

さくらの恋猫を試してみる

シンクロとさくらの恋猫は、遠隔セックスにおすすめの商品です。男性はシンクロを、女性はさくらの恋猫を持っていれば、お互いのバイブを振動させて刺激し合うことも可能です。

これさえあれば、遠距離恋愛中のカップルやコロナなどの影響で会えないカップル達でも、オンラインを通じてセックスを思う存分楽しめるでしょう。もちろん単体でオナニーするにも使えるバイブです。

 

おわりに…

以上が「いつものSEXにプラスオン!バイブを使うとSEXが楽しく燃える。おもちゃの上手な使い方と女性に人気のバイブ3選」でした。ローターやバイブは、いつものセックスにちょい足しするだけで、いつも以上にセックスが楽しくなりますよね。「もっと刺激を与えたい」「マンネリを打破したい…」そんな人は、ぜひバイブを使ったセックスを楽しんでみましょう。では、またお会いしましょう。

 

Posted by aki